カテゴリー: ローンのお勉強

ローンの一本化によって負担を軽減する方法

借金が増えて返済負担が大きくなっている場合、ローンを一本化することで返済が楽になる場合があります。銀行や、金融会社から融資を受けて過ぎていて、返済がむつかしくなっているという人がいます。

返済期日が目前なのに返済にあてるお金がないという時は、他の金融機関から追加で融資を受ける人は少なくありません。結果的にいくつものローンを同時並行で利用することになり、返済期日がどんどん増えて、お金が足りなくなります。複数の金融会社から借り入れをしていると、個別の月1回ずつの返済日があるので、全体把握が難しくなります。

同時に何社もの返済をしていると大変ですので、そういう時はローンを一本化して返済を楽にしましょう。いくつかの消費者金融や銀行では、おまとめローンの名称でサービスを開始しており、すでに複数の融資先のある債務者が利用できます。

高めの金利で借り入れをしている人が、より低い金利でまとまった金額の融資に借り換えることで、返済負担を軽減できることがあります。複数のローンサービスを一本化することができれば、借り入れ金額が大きくなりますので、低金利での融資見込みが立ちます。

高い金利で借りていたローンを低い金利で借り直すことができれば、完済にまで必要な金額をより少なくすることが可能です。一本化ローンを扱う会社は相談窓口を開設していますので、自分では利息の計算がうまくできない人でも、窓口でアドバイスを受けるといいでしょう。もしも、現在の返済が厳しいと感じるようになっているなら、ローンの一本化は選択肢として有効か銀行などで聞いてみましょう。

一本化ローンを利用する時の注意点について

お金が必要な時にどんどんローンを使っていたせいで、借りたお金を返す段階になって苦しい思いをしている人もいます。何社もの金融会社からローンを借りていると、1カ月あたりの返済金額が多くなりすぎるので、ローンの一本化サービスを使うといいでしょう。

とはいえ、ローンを一本化することは、利点だけでなく、弱点もあることは知っておきましょう。何社ものローン会社からお金を借りていた人が、1社に借り直すことを一本化といいますが、ただまとめればいいというものではありません。

低金利のローンに借り直すことで利息を少なくすることができたり、月々の返済日を1回にまとめることで返済をしやすくします。そう聞くと、ローンの一本化はいいことばかりと思ってしまいますが、一旦一本化をしたら、きちんと返済するまで新たな融資は受けにくいという欠点も存在します。

ローン一本化をしている間は、他のお金は借りず、ローンの返済をしっかり行うという心構えが求められます。ローンの一本化は、その時点で借りているローンを一つにまとめるものであり、以後のローンを一本化に組み入れるということはできません。ローンを一本化することで、金利を低く抑えたり、返済状況を把握しやすくなることは大きな利点です。

一カ月に何度も返済日があると、返済金額も高くなりますし、心理的にも大変なので、一本化の存在は助かります。いくつもの金融会社からローンを借りているなら、一本化して返しやすくしたほうが、返済意欲も高まります。ローンの一本化は、いい点と、注意点とをきちんと把握した上で、使うことが大事になります。