カテゴリー: 融資についてのお勉強

確実に融資してもらう為の効果的な方法について

今すぐに現金が必要になって、消費者金融会社や銀行に駆け込み申し込みをしても、必ずしも融資を受けられるとは限りません。たとえ融資を受けられないと非常事態に陥るとしても、金融会社は審査の結果に基づき融資をします。100%の融資を希望することは無理ですが、十中八九ぐらいの確実性なら、狙うことはできるでしょう。実践した結果うまくいかなったという場合もありますが、簡単にできる方法なので実行する価値はあります。金融会社からの融資を受ける見込みを高めるには、借り入れ希望の金額を欲張り過ぎないことが肝心です。シンプルなやり方ですが、それなりの効果が見込めます。金融会社のほうから考えると、貸したお金をきちんと返してくれる顧客が理想的な顧客です。確実に返してもらうには、貸付金額を低くしたほうがいいと考える金融会社は多いようです。一回で貸しつける金額が高い人ほど、全額返済が大変になります。そのため、確実に返済できる人を見極めるために、審査の基準を厳しくするのです。欲しい金額がいくらかは人によりますが、できるだけ低めに設定した金額を借りるようにします。インターネットの情報に基づいて、借り入れ可能な上限額を狙おうとすると、審査では不利になりかねません。完済までの見通しを立てるだけでなく、キャッシングの金額はできるだけ小口を意識することで、返済不能になるリスクを回避することができます。

金融業者で融資を確実に受けるためには

個人を対象とした小口の融資であるキャッシングは、手持ちの現金が足りないという場合には便利なサービスです。ただし、確実に現金を借り入れたいと思っても、うまくいかないことがあります。

各金融会社は必ず審査を行った上で融資を決定しますが、審査の内容や条件については、公開されていません。融資に対してはケースバイケースで金融会社が審査結果を出していますので、どんな時でも確実という言葉を使うことはできません。

可能な限り確実な状況をつくっておくために、意識たい事柄はいくつかあります。もしも自分がキャッシング会社の側にいるなら、どんな顧客に融資をしたいと考えるかをイメージすることが確実な融資のポイントです。

貸したお金を確実に返済できる人だと判断してもらうためには、名前や住所を正しく書くことです。提出書類をきちんと整えることや、申し込み書類をわかりやすい文字を意識して書くことで、偽りや隠し事がないことの表明になります。金融会社は、月々の収入が安定していることが、完済まで到達するためには必要であると考えています。仕事をしていない人や、安定した収入がないという人は、審査の時点で断られてしまうことがあります。

妻が専業主婦、夫が正社員という場合、夫の同意書があれば、妻の名義での融資を受けることもできます。月々の収入が安定していても、キャッシングを滞納した経験がある人や、別の金融会社から融資を受けていると審査で不利になります。

確実に融資を受けられる貸金業者は存在するのか

お金を借りたい場合、誰でも確実に融資してもらえるところを探すのは当然だと言えます。どういう条件の人でも確実に融資をしているというキャッシング会社を探しても、無駄骨に終わってしまうだけです。

キャッシング会社は、申し込み者に対して審査を行い、貸したお金を返してくれると見込んだ相手にのみ融資をするという形式をとっています。キャッシングの審査に通らない人の典型は、他社借入件数が多い人や、返済不能や延滞の経験がある人です。

審査を行わずに融資をしているという主旨のチラシを出している金融会社は、警戒したほうがいいでしょう。正規の営業許可をとっていないヤミ金融である可能性が高いため、使わないようにしましょう。

このように、どんな人でも確実に融資してくれる貸金業者というものは無いのですが、審査に通りやすいカードローン等を見抜くコツはあります。審査のハードルが低い金融会社を選ぶ目安の一つとして、他の金融会社よりも高金利で貸しつけていることが挙げられます。

高金利で融資を行うほうが、金融会社の立場からすれば貸し倒れによるリスクを軽減することができますので、何かと都合がいいというのがその理由になります。低金利の融資に対しては審査の基準が厳しくなりやすいのは、確実に返済をしてもらえないと金融会社の損になるためです。

そのため、高金利で融資を行っている金融会社の審査基準は緩い傾向があると言えますが、金利が高いほど利息も膨らみやすくなります。確実に融資を受けたいと思っても、利息を節約したいと思っているなら、低金利の金融会社から申し込むべきでしょう。