海外でキャッシングを利用する際の注意点とは

海外旅行先で手持ちの現金が無くなってしまった場合には、キャッシングが大変役に立ちます。手持ちの現金を使い果たしてしまい、できるだけ早く現金を調達したいということがあるでしょう。現金を使う局面とは、タクシーで移動する場合や、チップを渡したい時、屋台などで買い物をしたい場合です。日本ではチップの習慣はありませんが、海外ではホテルやレストランでチップを払うのは当たり前という国もあり、そのための現金は多めに必要になります。海外旅行先での買い物をほぼクレジットカードで行っているという人もいますが、施設によっては現金決済のみという場合もあります。キャッシング機能のついたクレジットカードを持っていれば、海外にいる時でも、必要なお金を引き出して使うことができるので便利です。いつでもどこでも街中のATMからお金をおろすことができるので、これはぜひ覚えておくと良いでしょう。日本で発行されたクレジットカードでも、海外でも使えるものを選んでおけば、現地通貨を借りることができますので、その場で使用することが可能になります。また、日本から現金を海外に持っていって、そのお金を空港やホテルの換金所で都度変えてもらおうとすると、手数料がかさむこともありますので、注意が必要になります。クレジットカードでキャッシングをして、返済時に日本円に換算する方法なら手数料が安い状態で換金することができるので得になります。当たり前の話ですが、暗証番号を忘れているとクレジットカードをATMで使うことができません。海外旅行先でクレジットカードのキャッシングを使う予定がある人は、貸付条件や暗証番号を事前にチェックして見落としがないようにしましょう。